タイピンガーの行き着く果て。
リアルタイム字幕入力。

テレビって、生放送でも字幕がでますよね。

あれ、テレビで話してる内容をリアルタイムでそのままタイピングして、一瞬で表示させてるオペレーターがいるのです。

そんなわけで、友人のつてで、生放送の字幕を入力する職場にいってきました。

たけしたけし

そんななりで友達いるんだな

パンツ隊長パンツ隊長

これはイラストなので

僕が仕事場に入室すると、すごくウェルカムな雰囲気で出迎えてくれました。

「アットホームな職場です!」

を地でいってます。すごい。

 

字幕入力について軽く説明してもらい、実際に3人の職員が打ってるところを見せてもらいました。

 

もうね、すごい。

 

さっきからすごいしか言ってないけど、ほんとにすごい。
「職員」じゃなくて「職人」でした。

カチャカチャカチャ・・・ッターン!

・・・なんてもんじゃない。

 

音にするなら、ズババババババババ

それを3人並んでやってますから、圧巻です。

僕は最初、タイピングが早ければ楽勝くらいに思ってましたが、それだけじゃない。
タイピングの速さ、正確に聞き取り漢字変換するための国語能力、時事の知識。
そういう複合的な能力が必要なのです。

 

奥が深い。

 

ということで、僕も練習ということでやらせてもらいました。

パンツ隊長パンツ隊長

カチャ・・・カチャ・・・ッターン

難しい。

 

パンツ隊長パンツ隊長

あ、変換間違えてる。まいいや。

たけしたけし

うわぁ・・・

適当過ぎる僕にはだいぶ向いてない気がしましたが、とりあえず最後まで打ち切りました。

 

「パンツさん、初めてとは思えないですよ!」

 

さすがアットホーム。ベタ褒めしてくれる。

 

ということで、非常に楽しい職場見学となりました。

 

ちなみに、タイピングがそこまで早くなくても、全然働けるようです。

タイピングはあまり早くないけど、字幕の「品質」に自信があるという人もいましたし、歩く辞書のような人もいました。

なので、タイピングに自信がないあなたも、字幕入力の仕事チャレンジしてみてはどうでしょうか。

たけしたけし

やってみようかな

パンツ隊長パンツ隊長

たけしさん、指ないじゃないですか